学資保険の資料請求でもらえるプレゼント総まとめ2019最新ver.

学資保険の資料請求でもらえるもの

「学資保険に加入したいけど、勧誘を受けてしまったらどうしよう」と不安になったことはないでしょうか?

実は、最近の保険は問い合わせをしたからと言って、ひどい勧誘をうけるというケースは減りつつあります。
それだけでなく、保険会社によってはキャンペーンを行なっており、問い合わせをするとプレゼントを受け取ることが可能です。

このページでは、学資保険を問い合わせることにより、どのような特典があるのかをお伝えするだけでなく、万一しつこい勧誘を受けた場合の断り方も説明しています。

資料請求でプレゼントがもらえるキャンペーンまとめ

学資保険の資料請求をした際にプレゼントをもらえるキャンペーンを行なっている以下の4社について紹介します。

ソニー生命

学資金に関する相談会に応募すると、以下の商品のうちいずれかが抽選でプレゼントされます。(2019年2月時点)

  • SONY デジタル HD ビデオカメラレコーダー ハンディカム HDR-CX 470 5名
  • Dyson V7 Motorhead SV11 ENT 5名
  • ルクルーゼビュッフェキャセロール26 CM オレンジ 10名
  • BRAUN マルチクイック7ハンドブレンダーMQ775 10名
  • シュエットフード付きバスタオル 20名
  • しまじろうランチクロス 150名

ただし、商品は選べません。
また注意事項としては、すでにソニー生命に契約がある人(学資保険以外の契約も含む)などは、申し込めないので注意しましょう。

※キャンペーン期間 ~2019年3月31日(木)

日本生命

ニッセイライフプラザにて「ニッセイ学資保険」もしくは「ニッセイこどもの保険げ・ん・き」の相談を申し込みされた人に下記のプレゼントがもらえます。

  • ニッセイオリジナルラップにかけるペン(ポケモン)を全員にプレゼント
  • 人気育児ブランドグッズを合計で60名
  • GLIDIA 低温調理器 20名
  • シェイプ・ソーティングホーム 20名
  • ALCOLLE ハイブリッド加湿器 20名

なおラップにかけるペンは、相談時に日本生命の職員から渡されますが、人気育児ブランドグッズは、2019年3月13日(水)までに応募し、その後抽選のうえ、当選者が決定されます。
当選後は、好きな商品を選べます。

※キャンペーン期間 ~2019年3月13日(水)

フコク生命

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の資料請求を行うことにより、ハローキティの「タオル&クリアホルダー」が先着で1,000名様にプレゼントされます。
なお、プレゼントは1世帯1点のみで、タオルは1枚入りです。

他社のキャンペーンと比べて抽選ではなく先着順で、また商品も1種類のみとなっています。

※キャンペーン期間 ~2019年3月13日(水)

JAこども共済

「こども共済」資料請求をすると、「アンパンマンお食事エプロン」が先着60,000名様にプレゼント。

商品は請求した資料に同封される形で送付されます。

昨年の4月から1年間にわたって行われているキャンペーンですので、期限終了間際になると、商品がなくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

※キャンペーン期間 ~2019年3月20日(水)

学資保険の資料請求をした後の流れ

資料請求後は、多くの場合以下のような流れとなります。

■資料が郵送されてくる
資料が郵送されてくるので、中身を確認しましょう。

会社によっては、パンフレットだけでなく、入力した生年月日を元におすすめプランが記載された、見積書(保険業界では「見積書」と呼ばれることが多い)が同封されています。

■資料を確認し質問や説明・加入の希望があれば再度会社に連絡
資料が送られてきたものの、保険というものは専門用語が多く、保険に馴染みのない人にとってはとても難しいもの。

そこでもう一度、保険会社のお客様センターに電話することにより、疑問点に答えてもらったり、現地の営業担当者に繋いでもらったりできます。

なお、会社によっては(例えばソニー生命など)資料送付のタイミングで、現地の営業担当者から連絡が入り、資料を届けると同時に商品の説明をしてもらえるケースがあります。

■担当者と面談し商品の説明を受ける
営業担当者とアポイントを取得し、約束の日時になると、担当者が自宅や職場、もしくは自宅の近くのカフェなどあらかじめ指定した場所で、対面にて説明をしてくれます。

このときに疑問点があれば、解消するようにしましょう。

例えば、以下のような点を疑問に感じる人が多いです。

  • 教育費はどれくらい必要ですか?
  • 途中で解約するとどうなりますか?

また、あらかじめ質問したいことをメモにまとめておくと、質問し忘れを防げます。

■商品を検討し手続き
商品の説明を聞き、検討したのち、問題がなければ再度担当者に連絡し契約しましょう。

大手の生命保険会社ならしつこい勧誘ナシで安心

保険会社はとても勧誘がしつこいと思っている人も多いかもしれませんが、一昔前に比べると勧誘はしつこいものではなくなっています。
特に大手の生命保険会社ほど、無理な勧誘は割合としては少ないです。

その理由は、とにかく新規開拓!という時代から、既に契約をしてもらっているお客様のアフターフォローを大事にして、新しいお客さんを紹介してもらうスタイルにシフトしているからです。

いくら保険に加入してもらっても、印象が悪かったのでは、新しいお客様の紹介につながりません。

ただし、いろいろな保険会社の外交員たちの話によると【契約者の数が少ない生命保険会社では、電話でしつこく勧誘をされるケースは多々ある】ようです。

保険の勧誘・見直しを上手く断るコツ

しつこい勧誘が少なくなったとはいえ、勧誘自体が全くないわけではありません。

例えば、資料送付後に後追いの電話がかかってきたり、手紙が送られてきたりすることもあります。
そのような場合は以下のように対処すると効果的です。

親戚に生命保険関係の仕事についている人がいることを伝える

生命保険は、商品の内容というよりも、人との繋がりを重視して加入を決める傾向にあります。

このため、近しい人に保険関係の人がいてその人に相談して決めたいと伝えることにより、たいていの営業職員は一気にやる気を無くし、しつこい勧誘を少なくすることが可能です。

保険ショップでいろんな保険と比較する、と言う

生命保険の営業職員の弱点は、自社の商品しか扱えないだけでなく、勝手に他社の商品と比較して募集することは禁じられています。

このため、保険ショップなど多数の保険を扱っているところで相談して決めるというと、勧誘の頻度は減るので効果的です。

学資保険の資料請求の方法・手順

ここではソニー生命の学資保険の資料請求の方法を例に説明していきます。

◯電話もしくはインターネットから問い合わせる
まず、電話やインターネットを通じて、資料を請求します。
このとき、保険会社に伝える必要があるものは、

  • 氏名
  • 性別
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • すでにソニー生命で契約があるか

などが挙げられます。

◯担当者から連絡が入り希望を確認される
情報を入力すると、ソニー生命の担当のライフプランナーから、電話やメールにて連絡が入り、場合によっては対面にて、希望の内容をヒアリングされます。

◯資料・見積りが渡される
ヒアリングされた希望を元に、おすすめプランが記載された、見積書が届けられますので確認してみましょう。

このとき、作成された見積書は郵送されるのではなく、ライフプランナーが直接届けに来てくれて内容も説明をしてくれます。
もし問題がなければ加入手続きを行うと良いでしょう。

1社ずつ学資保険の資料請求をするのが面倒なら一括請求もアリ

各保険会社のホームページから資料請求できますが、初めから数社の学資保険を見比べるつもりなのであれば、一括請求を使うのも有効です。

一括請求では、氏名や生年月日など自分の情報を入力すると、一度に数社から見積もりを取り寄せることができます。

一括見積もりのメリット

一括見積を使う最大のメリットは『同じ情報を何度も入力しなくていいから時間短縮になること』です。

またサイトによっては、資料を受け取らなくても、ある程度の試算結果は画面で確認可能。

このため、保険会社からメールや資料が郵送されるまで、結果を確認できないというストレスが軽減されます。

例えば価格.comで試算を行なった場合、学資保険ごとの満期保険金額や払込保険料総額、受取率などを簡単に確認することができます。

もちろん希望する保険の資料請求もできるので、詳細を知りたい場合は積極的に活用しましょう。

一括見積もりのデメリット

ある程度の結果を画面で確認できる一方で、図などが載っていないため少しイメージが湧きにくいです。

また、商品の詳しい説明もなく、表示された画面だけでは、全て理解することは難しいでしょう。

さらに資料請求後に、電話やメールにてしつこく連絡をしてくる保険会社もあり注意が必要です。

学資保険の一括資料請求ならこの2つが○

価格.com 保険
価格.comは、先ほども説明したように、自分と子供の年齢を入力するだけで、資料請求を行わなくても試算結果が確認できるのが大きな特徴です。

また、試算ページに学資保険の人気ランキングが掲載されているため、その中から資料請求をしたい商品にチェックをつけて請求することもできます。

資料請求の際に入力する項目は下記のとおり。

  • 氏名、性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

入力後、メールや郵送もしくはその両方で、見積もりの結果が送られてきます。

保険会社によっては、資料請求後にシステムからの自動送信で、すぐに試算結果がメールで送られてくるため、すぐに結果を確認することが可能です。

保険の窓口インズウェブ
このサイトでの資料請求は、価格.comと違い保険商品を自由に選べるわけではなく、

  • つみたて学資(明治安田生命)
  • こだわり外貨終身 無配当外貨建終身保険(マニュライフ生命)
  • 学資保険(無配当)(ソニー生命)

の3つからしか選択することができません。

請求時に入力する情報も、価格.comとあまり変わりませんが、婚姻状況や職業がプラスされます。

その後、メールもしくは郵送にて試算結果や資料などが送られるのでチェックしてみましょう。

またこのサイトは、最初に学資保険がなぜ必要なのかを、数値やグラフによって説明されたページが表示されます。

非常に分かりやすい説明なので、学資保険についてあまり詳しくない人は、参考にしてみてください。

一括資料請求だとプレゼントがもらえない点には注意!

一括請求で気をつけるべき点は、保険会社ごとに行っている、プレゼントキャンペーンが対象外であるということです。

このため、もしキャンペーンで欲しいプレゼントがあるのであれば、一括請求で資料請求するのではなく、その保険会社のホームページから資料を請求するようにしましょう。

また、すでに一括請求をしてしまっている場合は、改めて保険会社のサイトから資料請求を行っても、資料請求済みの顧客としてカウントされ、プレゼントの対象外となるため注意が必要です。

学資保険の資料請求は目的に応じて使い分ける

監修者:FP品木彰

学資保険の資料請求は、プレゼントなどのキャンペーンに応募したい場合は【保険会社のホームページ】を、複数の学資保険を手早く比較したいときは【一括請求サイト】を使うと効率的です。

おすすめの手順は下記のとおり。

一括請求サイトで資料請求をする保険を選ぶ
選んだ保険会社のホームページを見て、キャンペーンを行っていなか確認。
欲しいプレゼントがある保険会社は直接ホームページから資料請求を行う
それ以外は一括請求を使って請求

また資料請求を行なった結果、無理な勧誘に遭うこともありますが、

  • 身内に保険関係の人間がいることを伝える
  • 保険ショップに行き自分で比較することを伝える

という対処法を実践すれば対策も可能ですので、積極的に資料請求を行い学資保険の理解を深めていきましょう。

執筆・監修:FP品木彰