学資保険の必要性は?加入する必要がある人ない人それぞれの特徴

学資保険の必要性

「周りの人も入っているし、親も入れって言うからなんとなく加入しようかな」
というように、学資保険がなぜ必要なのかを考えずに加入している人は多いです。

そこで今回は学資保険の必要性を中心に、貯金との違いや特約の内容についてもまとめました。
自分にとって学資保険が必要なのかどうか?を判断するためにも、ぜひチェックしてみてください。

学資保険の必要性は「子どもの教育費」を知ると分かる

子供が幼稚園に入園してから、高校を卒業するまでにかかる費用を、公立と私立に分けてまとめてみました。

◯幼稚園入園から高校卒業までの費用
(在学中の費用合計)

公立 私立
幼稚園 701,841円 1,447,176円
小学校 1,933,860円 9,169,422円
中学校 1,435,662円 3,980,799円
高校(全日制) 1,352,586円 3,120,504円
合計 5,423,949円 17,717,901円

出典:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査-結果の概要」
※教育費:入学金や授業料、制服・教科書の購入費用、給食費なども含まれる

以上のように、全て公立の学校に通わせたとしても、500万円を超える費用が発生しています。

私立に通わせた場合はさらに高額になりますね。

特に私立の小学校に通わせると、なんと1千万円近くのお金が必要です。

ちなみに、特定の条件を満たすと自治体から補助金を受け取れる場合や、高校の授業料も無償化が進むなど、実際は上記の金額を全て自己負担で準備する必要はありません。

しかし、補助金などで学資の全てを賄うのは難しいので、自分で資金をしっかり用意することも大事です。

大学入学時に向けてコツコツと貯めるのがベスト

大学に進学すると、それまでの各学校の教育費と比べて、かなり高額な費用が発生します。

このため、高校卒業までの費用とは別に、大学進学のための教育費をコツコツと貯めておかなければなりません。

◯大学の入学時と在学時にかかる費用

国立大学 私立大学
(文系)
私立大学
(理系)
入学費用
[受験料、交通費、入学金など]
69.2万円 92.9万円 87.0万円
在学費用
[授業料、実習費など]
434.0万円 645.2万円 720.8万円
合計 503.2万円 738.1万円 807.8万円

出典:日本政策金融公庫「平成29年教育費負担の実態調査結果」

国立大学に進学した場合でも、500万円以上の学費が必要で、私立大学だと、700万円~800万円が発生します。

このため、幼稚園から大学まで全て公立・国立の学校に入学したとしても、1,000万円以上の資金が必要です。

ちなみに上記の費用には、1人暮らしの場合の月宿費用や生活費が含まれていないため、遠方の大学に通わせる場合は、さらに資金が必要になってきます。

銀行の定期預金やタンス貯金よりも貯めやすいのが学資保険

学資保険の特徴は以下のとおりです。

  • 積み立てたお金には定期預金よりも高い利率がつく
  • 毎月決まった日に決まった額が口座から引き落とされる(口座振替払の場合)
  • 保険料の払い込み期間中に解約すると元本割れが発生する

一方で、定期預金やタンス預金が貯まりにくい理由は、強制的にお金を貯める仕組みがなく、簡単にお金が引き出せてしまうから。

このため、定期預金やタンス預金よりも学資保険の方がお金を貯めやすいといえます。

学資保険の必要性-どんな人は入った方がいい?

学資保険が持っている仕組みや特徴は、以下のような人々にとって有効です。

◯お金を貯めるのが苦手

例えば、以下のような考えの人は、お金を貯めるのが苦手な傾向にあります。

「今月はちょっとピンチだから来月にまとめて貯金しよう」
「欲しいものがあるので貯金からちょっと使おう」

しかし学資保険は、簡単にはお金を引き出せない仕組みのため、しっかりお金を貯めることができるので安心です。

◯親が万が一の場合にも子供の教育資金を確保したい

学資保険には、「保険料払込免除特約」があるため、契約者(親)が亡くなった場合は、以後の保険料を払い込む必要がなくなり、学資金や保険金は予定通り受け取れます。

貯金などで積み立てていた場合、途中で契約者(親)が亡くなると、それまで積み立てていた金額しか戻ってきません。

しかし学資保険であれば、契約者(親)に万一のことがあっても、学資金を満額受け取れるので、安心して教育費を準備できますね。

◯お金を貯めるだけでなく増やしたい

学資保険で受け取れる学資金や保険金は、支払った保険料の総額よりも多くの額を受け取れ、銀行よりも利率が良いのが特徴です。

例えば、返戻率が105%の学資保険だと、200万円の保険料の支払いに対して、210万円の学資金を受け取れます。

このように、お金が増える理由は、保険会社が預かったお金の一部を資産運用にあてて増やしているからで、契約者(親)に投資の知識はありません。

学資保険の必要性-どんな人は入らなくていい?

学資保険は以下の人々のように、学資保険の力を借りる必要がない人や、加入しても損する可能性がある人には必要ないといえます。

◯自分でしっかり貯蓄できる
貯金をするのが得意な人や、投資を行なっていて自分で効率的にお金を準備できる人は、無理に学資保険の力を借りなくても良いでしょう。

また、すでに子供の学費を準備している人も、今後お金を引き出してしまう心配がない場合、学資保険は必要ありません。

◯収入が安定せずに保険料を継続的に払うのが困難
例えば、自営業やフリーランスなど、毎月の収入に上下があり、毎月一定の保険料を支払うのが難しい人には学資保険はあまりおすすめできません。

保険料が毎月払えない可能性があると

  • 自動振替貸付(※)を利用すると息の支払いが発生する
  • 途中で解約してしまい元本割れを起こして損する

という事態になりかねないからです。

※自動振替貸付とは
保険料の払込がなかった場合、契約している解約返戻金(解約したときに受け取れるお金)の一定範囲内で保険料を自動的に立て替えてくれる仕組み。

学資保険を実際に使った人の口コミ評判をチェック

ダントツに良い返戻率

学資保険の商品としての良さを考えると、ソニー生命の学資保険がダントツに良かったですね。

今の時代、低金利の関係で学資保険でお金を増やすのは不可能だと、保険会社勤めの知り合いから聞いていたんです。

でも、ソニー生命の学資保険だと、10年間で支払っちゃえば107~108%に増やせるから、銀行に預けるよりよっぽどメリットがあります。

担当者の信頼がピカイチ

比較検討をしたくて3社のプランナーさんと会いましたが、そのうちの2社は返戻率の話ばかりが目立ちました。

その中で、フコク生命のプランナーさんだけが、「20年近く払い続けるものですから、これからのライフプランを考える中で、無理のない計画をしていきましょう」と、こちら目線のアドバイスをしてくれました。

これから他の保険も検討することとかも考えると、一番信頼できたプランナーさんにお願いしたかったので、最終的にフコク生命の学資保険に加入しました。

医療特約で安心をプラス

私がゆうちょ銀行の学資保険『はじめのかんぽ』を選んだ理由は、学資保険だけでなく医療特約をプラスできたからです。

はじめのかんぽは満期を迎えても返戻率100%には届かないですが、毎年の保険料控除もあるので、返ってくる税金も考えるとそこまで損しているようには思いませんね。

ほとんどタダ感覚で医療保険に入れるのは、他の学資保険にはない魅力かなと感じてます。

横柄なライフプランナーでした

ソニー生命の『学資金準備 スクエア』がネットでも一番評価が高かったので、問い合わせを入れて実際に申し込んだんですけど、正直ちょっと後悔してますね。
理由は、ライフプランナーの対応です。

契約前の対応も、「うちより良い商品は他にないですから」といった上から目線で、契約するのが前提の話をされて、横柄な感じはしていました。

もっとひどいのは契約後の対応ですよ。
連絡は契約後一切なく、年に1回保険料支払い前の連絡がくるだけ。

頻繁に連絡されるのも嫌ですけど、契約後数年間も一切連絡がないのは保険を契約した身としては不安です。

満期を迎えても元本割れはやっぱりショック

CMのイメージで真っ先に浮かんだので、アフラックの『夢見るこどもの学資保険』を申し込みました。
担当してくれた人も印象は悪くなかったです。

元本割れすることも説明されましたが、死亡保障とかがあるし他の保険もそういうものだと思って加入しました。

ですが色々聞いていると、むしろ元本割れの保険の方が少ないと後で知り、その時はやっぱりショックでしたね。
今解約したらもっと損するし、渋々継続しています。

他の商品ばかり勧められた

ニッセイの『ニッセイ学資保険』に加入しました。

学資保険自体には不満は特にないですけど、ニッセイでお願いする場合、他の商品の提案は断った方が良いと思いますよ。

私が調べた限り、ニッセイの学資保険以外は他社商品より悪いなと思いました。

とにかく営業さんが、しつこく他の商品を提案してくるんですよね…

ですが、やっぱり色々調べると学資保険プラス他の保険に申し込んでもらわないと、保険会社の利益にならないみたいですね。

学資保険の口コミをチェックしてみて

学資保険として大切な商品の要素(返戻率や特約の種類等)はもちろん大事ですが、一方で、学資保険の説明をするプランナーの質も、検討する上で重要な要素になりますね。

学資保険はどの保険会社にとっても、保険相談の入口として用意している商品なので、保険会社の本音としては、学資保険を皮切りに他の商品も一緒に契約してほしいと思っています。
その気持ちが先行して相手に不信感を与えてしまうのか、それともまず学資保険の提案に親身になってくれて、契約者に信頼してもらえるのかが評価の分かれ目です。

学資保険の商品内容はもちろんですが、プランナーの信頼度も併せて要チェックですね。

学資保険には特約を付けるべき?その必要性は?

学資保険には、医療特約や育英年金特約など様々な特約を付加できますが、極力付けないようにすると良いでしょう。

特約を付加すると、子供が入院した場合などにも給付金が受け取れるようになるため、保障を手厚くできます。

しかし、特約の保険料は基本的にすべて掛け捨てなので、付加すると払い込む保険料だけが増えてしまい、返戻率(支払った保険料の総額に対して受け取る学資金の割合)が低下してしまいます。
返戻率が下がると、教育資金を効率良く貯めるという本来の目的から遠ざかってしまうので、できるだけ特約は付加しない方がいいでしょう。

学資保険は高額な教育資金をしっかり貯められる手段

監修者:FP品木彰

学資保険は、教育資金を貯めやすい仕組みがあるので、以下のような人々にとっては必要性が高いといえます。

  • お金を貯めるのが苦手
  • 親が万が一の場合にも子供の教育資金を確保したい
  • お金を貯めるだけでなく増やしたい

子供の教育資金は、最低でも1,000万円は必要になるため、何かしらの方法で資金を準備しなければなりません。

このため、学資保険に加入しない場合は、
「学資保険に加入しなくても自分は子供の教育資金を貯めていけるのか」
をしっかり考える必要があります。

執筆・監修:FP品木彰