フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」を解説!口コミ評価も紹介

フコク生命みらいのつばさ

1923年(大正12年)に創業したフコク生命(富国生命)は、生命保険だけでなく学資保険にも力を入れている会社です。

フコク生命は、『常にお客さまの目線で考えて行動する』を経営方針として掲げており、契約者が損をしないような保険商品を取り扱っていて口コミでも一定の高評価を得ています。

このページでは、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の種類や特徴、返戻金の試算、口コミ評価について詳しく説明していきます。
(各試算結果は2019年2月のものです。)

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の種類と特徴

学資保険の中でも上位を争うフコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、返戻率と貯蓄性の高さで人気を集めています。
S型とJ型の2種類に分かれるので、それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

<種類1> S型(ステップ型)
ステップ型は幼稚園入園から高校入学までにかかる教育費用に、効率的に備えられるプランです。
祝い金は入園・入学のタイミングだけでなく、成人を迎えた年にも支払われます。

『満期保険金 100万円の場合』
◇掛け金(毎月口座振替)…15,186円
◇払込期間…11歳まで
◇返戻率…約104.7%
◇満期…22歳
◇支払総額…2,004,552円
◇保険金(受け取り総額)…2,100,000円

ステップ型の保険料の払い込みは11歳までで完了するため、高校や大学といった出費がかさんでくる時期に払う必要はありません。
幼稚園入園3歳・小学校入学6歳・中学入学12歳・高校入学15歳・大学入学18歳・成人20歳・満期22歳と入園、入学のタイミングで学資金の受け取りが可能。

学資金は18歳以降に受取総額の85%を受け取るので、幼稚園入園から高校入学までの受け取り金額は祝い金一回につき5~10万円とそれほど多くありませんが、節目の時期に受け取れるのが魅力です。

また、祝金を受け取らずにそのまま据え置き、必要な時に引き出すといったスタイルもできるので、その時の状況によって選べるのも便利ですね。

<種類2> J型(ジャンプ型)
ジャンプ型はステップ型とは反対に、大学進学時に重点を置いたプランです。

『満期保険金 100万円の場合』
◇掛け金(毎月口座振替)…14,354円
◇払込期間…11歳
◇返戻率…105.5%
◇満期…22歳
◇支払総額…1,894,728円
◇保険金(受け取り総額)…2,000,000円

ジャンプ型の学資保険は、高校・大学卒業時の2回で大学入学や一人暮らしの資金、就職時の準備金として使える保険です。
高校卒業と大学卒業の2回のタイミングのみの受け取りとなるため、在学中の仕送りや授業料としては使用できないので注意しましょう。

入学時にまとめて受け取ることで返戻率がステップ型よりも高く、大学進学に向けて貯蓄性を重視したい人を中心に注目されています。

ジャンプ型のように、保険金を受け取るタイミングが大学入学と就職前といった2回のみに設定されている学資保険は他になく、非常に使い勝手が良いことでも人気ですよ。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」のおすすめポイント

◇返戻率が高い2つのプランが選べる
子どもの将来を考えたとき、その子個人や各家庭によって必要な資金も当然変わってきます。
フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は

  • 大学進学に焦点を当てて貯蓄していく
  • 幼稚園から大学までを見据え、その都度受け取っていく

といった分かりやすい2つのプランが選べることです。
ややこしい決まりもなく、家庭の方針によって決められるので選びやすいですね。

また、「みらいのつばさ」は返戻率が高いことでも有名です。

  • ステップ型…104.7%
  • ジャンプ型…105.5%

今や銀行の定期預金でも低金利が当たり前なので、フコク生命の学資保険の返戻率はかなりお得といえますね。

◇保険料払い込み免除がある
保険料払い込み免除とは、大抵の保険商品についているもので契約者である親に万が一のこと(死亡や高度障害状態)が起こった場合、その後の保険料の支払いが免除され、なおかつ、保険金は予定通り受け取れます。
子どもの教育資金を全額確保できるので安心ですね。

ただ、保険料払い込み免除は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 契約者が死亡
  • 不慮の事故により、その日から180日以内の保険料払い込み期間中に所定の身体障害の状態に該当する場合
  • 契約者が高度障害状態に該当

また、保険料払い込み免除以外に『子供の死亡給付金』もあります。
万が一、被保険者の子どもが死亡した場合その時点で積み立てられている金額が、死亡給付金として支払われます。
万が一の保障がついているので、さらに安心できるというわけですね。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」に加入する年齢条件について

ステップ型・ジャンプ型、どちらも加入年齢は0~7歳までです。
ただし、ステップ型は祝い金を受け取れる回数が多いこともあり、加入年齢によって祝い金の受け取り開始年齢も変わってきます。
幼稚園入園の3歳に祝い金を受け取りたい場合は、1歳までに忘れずにステップ型に加入することをおすすめします。

一方、ジャンプ型は大学入学時と満期に祝い金を受け取れるので0~7歳までの間であれば、受取額は変わりません。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」のメリットとデメリット

【みらいのつばさのメリット1】
高い返戻率と配当金の設定

上記でも説明したように、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の最大のメリットはその高い返戻率です。
特に貯蓄性を求める人を中心に、人気を集めています。

また、学資保険で支払った保険料で保険会社が運用を行い、予定していた以上の運用利益が得られた場合にだけ、5年ごとに加入者に還元が行われます。
配当金は必ずもらえるものではありませんが、可能性があるだけでも楽しみが増えますね。

【みらいのつばさのメリット2】
学資金や祝い金の支払いが11月1日

学資保険の祝い金の受け取りは“子どもの誕生日以降”が一般的なので、早生まれの子どもの場合、推薦入試の入学金に祝い金を当てることができません。

しかし、フコク生命の学資保険の場合は11月1日に祝い金を受け取れるため、早生まれの子どもでも推薦入試の準備金として備えられます。

【みらいのつばさのデメリット1】
満期は22歳のみ

ジャンプ型・ステップ型、どちらを選んでも満期が22歳です。

ジャンプ型であれば、大学入学時に受取金額の半分が祝い金として受け取れますが、ステップ型はそれよりも金額が少なくなります。
就職時にも資金は必要になりますが、大学入学時にのみピンポイントで備えたい人には、少し物足りないかもしれません…。

確かにフコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は返戻率も高めで悪い商品ではありません。

が、現状ではソニー生命の学資保険「学資金準備スクエア」の方が高い返戻率が期待できます。
ですので、比較項目の一つとして考えてみるといいでしょう。

詳しくはこちらで解説しています。
ソニー生命の学資保険の特徴やメリット・デメリットについて

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」はどんな人向き?

◇ステップ型
ステップ型は幼稚園~大学入学までに細かく祝い金が支給されるので

  • 祝い金をもらうタイミングで、子どもの進路を考えその都度対応していきたい
  • 大学入学までは祝い金を、教育資金のメインとしてやりくりしていきたい

といった人におすすめです。
大学入学時だけでなく、入園・入学の都度祝い金がもらえるのが魅力ですね。

◇ジャンプ型
ステップ型とは異なり、幼稚園入園から高校入学までは祝い金は支給されずその分、大学入学前の11月1日に受け取れるのが特徴です。

  • 大学入学までは、他の方法で教育資金の準備ができる
  • 返戻率が高いため、少しでも大学資金として貯蓄したい

といった人にオススメ。
ジャンプ型の一番始めの祝い金は大学入学前になるので、そこまでの教育資金をどう確保していくかがポイントとなりますね。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の兄弟割引について

みらいのつばさでは、次の条件を満たした場合、兄弟割引が適用されます。

○兄弟割引を受けられる条件

  • 今回加入する子どもの兄弟姉妹が、すでにフコク生命の学資保険に加入している
  • 契約者が同じ

○兄弟割引でいくら安くなる?
22歳で満期を迎えた場合、保険金額10万に対して10円安くなります。
具体的な割引額に関しては、下で計算してみたので参考にしてください。

【例】ジャンプ型200万円の学資保険に加入した場合の兄弟割引
ジャンプ型の場合祝い金を2回受け取ることになり、22歳時点の満期額資金は100万円です。
10万円ごとに10円の割引率なので
100万円÷10万円=10
10×10円=100円の割引となります。

月100円だけですが、年間1,200円、10年だと12,000円。
塵も積もれば山となる、とも言いますし、割引が全くないことを考えると嬉しいですね。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の評価【良い口コミ・悪い口コミ】

みらいのつばさの良い口コミ1

もともとフコク生命で医療保険の契約をしていたこともあり、学資保険の口コミも評判が良かったので妊娠をきっかけにそのまま「みらいのつばさ」に加入し、満足しています。
兄弟割引があるとのことなので、2人目ができたらさらに加入しようと考えています。

また、万が一のときのために払い込み免除もついているので安心です。

みらいのつばさの良い口コミ2

他社の保険会社は勧誘がひどいと聞いていたので、フコク生命の学資保険(みらいのつばさ)の話を聞くときも正直不安でしたが実際は担当の人が適度な距離感を取ってくれ、ちょうどよかったです。

誕生日にプレゼントをくれたり、イベントに誘ってもらえたりとありがたいなと思っています。

みらいのつばさの良い口コミ3

返戻率が良い学資保険を探していて、フコク生命の「みらいのつばさ」に加入しました。
実際に利用してみると返戻率が思っていた通り高いので、子どもの将来の貯蓄にピッタリです。

契約したからといって頻繁に訪問してくるのではなく、年に数回粗品を持って挨拶に来る距離感なのも丁度よく、ありがたいです。

みらいのつばさの悪い口コミ1

返戻率が高いということでフコク生命の学資保険に加入しましたが、ステップ型とジャンプ型どちらも良いところを悪いところがあるので、決めるのにかなり迷ってしまいました。

ライフプランナーの人と相談してジャンプ型に決めましたが、個人的には大学入学時にもう少し祝い金を出してくれれば満足できるのに、と思っています。

みらいのつばさの悪い口コミ2

契約前や契約後しばらくは、キティちゃんのぬいぐるみを持ってきてくれたりイベントへのお誘い、パンフレットを持っての訪問などがありとても嬉しかったです。

しかし、加入してから数年経過すると全く連絡が来なくなり商品が良いだけに、非常に残念…。
フコク生命の学資保険も他の保険会社と一緒で、契約してからのフォローは今ひとつなのかなぁ?と少し疑い中です。

みらいのつばさの悪い口コミ3

満期の年齢が22歳ということで、社会人の準備としても祝い金を受け取れるのは嬉しいですが、それよりも大学入学時の金額を多めに設定したいなと感じました。

卒業旅行や社会人としての1人暮らしをする可能性もあるから、と考えれば納得もできますが大学院進学を考えていれば丁度良いのかなと思います。

フコク生命の学資保険の口コミを調査してみて感じたこと

フコク生命の学資保険は、

  • 兄弟割引があり返戻率が高いのでありがたい
  • 担当者から定期的な訪問やイベントのお誘いがあり、嬉しい

といった良い口コミの一方で、

  • 大学入学時の祝い金をもう少し多めにしてほしかった
  • 加入して少ししたら、担当から連絡が来なくなった…

といった口コミも見られました。

加入後の対応については、あまり連絡をしてほしくないといったお客様の声を反映している可能性もあるので、個人差があるのは仕方ありませんね。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」のまとめ

監修者:FP林泉

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」は、祝い金の受け取りタイミングによって2つのタイプから選択できる保険商品です。

ステップ型なら幼稚園入園から大学入学、そして成人の7つのタイミングで受け取れるので、それぞれの入学資金や成人式資金に備えられます。

また、ジャンプ型は大学入学と大学卒業の2つのタイミングで受け取れるタイプで、大学入学時や独り立ちするときに備えておきたい人にピッタリ。

どちらのタイプも、保険料の払込は子どもが12歳になるまでに終了するため、「子どもの教育費と学資保険の支払いを両立できるのだろうか…」と不安に思っている親御さんにもオススメの学資保険といえますね。

監修:FP林泉