保険会社が破綻・倒産したらどうなる?契約解除にならない理由とは

保険会社が破綻したら学資保険はどうなるか
「保険会社が破綻したら保険金はもらえなくなるの?」
「ここ数年で保険会社ってどれくらい倒産した?今って大丈夫?」

保険は、一般的に長期に渡り加入するものなので、途中で破綻・倒産した場合のことが気になるのは当然ですよね。

このページでは、
もし保険会社が破綻・倒産した場合どうなるのか?
救済措置があって加入者が損をしないか?
そもそも保険会社は頻繁に倒産しているのか?
潰れにくい保険会社を見極めるコツなどを詳しく説明していきます。

保険会社が破綻・倒産しても「他の保険会社」や「保護機構」が契約者を守る


保険会社が経営破綻や倒産したときに、それまで加入していた保険を強制的に解約されることはありません。

契約者を保護するために設立された「生命保険契約者保護機構(以下、保護機構)」によって、以下の方法で契約が継続されます。

他の保険会社(救済保険会社)が救済する場合

他の保険会社が救済を申し出た場合は、破綻した保険会社の全部または一部の契約を引き継ぎ、株式取得や合併、保護機構からの資金援助などにより契約を継続します。

他の保険会社が救済しない場合

救済する他の保険会社が現れなかったときには、保護機構が代わりに救済を行います。
保護機構が自ら契約を引き受ける場合と、子会社として「承継保険会社」を設立して契約を引き継ぐ場合があります。

保護機構とは?保護機構は、日本国内で保険事業を行っているすべての保険会社が会員となっている法人で、会員の保険会社が破綻・倒産したときに契約者を保護する目的で設立されました。

生命保険は、年齢や健康状態が契約の条件となるため、破綻したあとに別の保険会社で加入しようとしても、同じような保障を受けられない可能性があります。

そこで、破産した保険会社の契約を一定の条件で継続するために、救済保険会社への資金援助や保険契約の引き受けなどを行うのが保護機構の役割です。

【注意!】契約が継続しても契約者にマイナス面がある


契約が継続したとしても、「責任準備金の削減」や「予定利率の引き下げ」などが行われると、以下のようなリスクを伴う場合があります。

保護機構によって補償されるのは、破綻した時点での責任準備金の90%までとされており、破綻した保険会社の状況によっては最大10%の責任準備金が削減されます。

責任準備金とは保険会社が将来支払うことになる保険金や年金などに備えて、保険料の中から積み立てている準備金のことで、一般的にそれまで支払った保険料の総額より少ない額になります。
破綻後に責任準備金が削減されると、保険金も減額されてしまうのです。

このとき注意したいのが、保険金が90%補償されるわけではないこと。
あくまでも責任準備金の補償のため、最終的に受け取れる保険金が90%以下になる可能性もあります。

また、保険料の割引率を決めるための予定利率についても、破綻後に引き下げて契約を継続させることがあります。
通常の契約の場合は、予定利率が引き下げられると保険料が高くなりますが、破綻したときには保険金を減額させることで対応します。

保険金がどの程度減ってしまうのかは、保険種類や加入時期、残りの保険期間などによって変わりますが、一般的には以下のような特徴があります。

  保険金が
減額しにくい
保険金が
減額しやすい
保険種類 定期保険などの
保障性の高い保険
養老保険
個人年金保険
終身保険
などの
貯蓄性が高い保険
加入時期 予定利率が
低いときに加入

した保険
予定利率が
高いときに加入

した保険
保険期間 満期までが短い
保険
満期までが長い
保険

この他にも、契約者のリスクとして解約にかかる制限が挙げられます。
破綻後は保険契約の引き継ぎが終わるまで、原則解約することができません。

また、解約の申し出が増える恐れもあるため、一定の期間内に解約をすると返戻金の一部が削除される「早期解約控除」の対象となってしまうことも有ります。

保険会社の破綻・倒産はそこまで頻繁に起こっていない

今までに破綻や倒産した保険会社は以下の通りです(2019年8月時点)。

破綻・倒産
保険会社
破綻・倒産
年月
引継会社
(現在の存続会社)
日産生命 1997年4月 あおば生命
(プルデンシャル生命)
東邦生命 1999年6月 GEエジソン生命
(ジブラルタ生命)
第百生命 2001年4月 マニュライフ生命
大正生命 2001年3月 あざみ生命
(プルデンシャルジブラルタ
ファイナンシャル生命)
千代田生命 2000年10月 AIGスター生命
(ジブラルタ生命)
協栄生命 2000年10月 ジブラルタ生命
東京生命 2001年10月 T&Dフィナンシャル生命
大和生命 2008年10月 プルデンシャル
ファイナンシャル
ジャパン生命
(プルデンシャルジブラルタ
ファイナンシャル生命)

破綻や倒産した保険会社の契約は、今現在も他の保険会社が引き継いでいます。

※引き継いだ会社が再破綻や合併・社名変更をしている場合があるため、現在の会社名は( )内に記載。

また、この10年は保険会社の破綻や倒産は起こっていないため、そこまで心配する必要はありません。


このように、破綻や倒産が特に多かったのは2,000年前後。

これは、バブル崩壊が原因のひとつと考えられており、運用による利益が極端に少なくなってしまったことで、保険会社は保険金や解約返戻金などを支払えなくなったためです。

破綻・倒産しにくい保険会社の見分け方

信用できる保険会社を見分ける基準となるのが、
ソルベンシーマージン比率」「格付け評価」です。


ソルベンシーマージン比率は、予測できないほどの大災害や株の大暴落などが起こったときに、保険会社にどのくらいの支払い余力があるかを示す指標のことで、数値が大きいほどリスクへの対応力があるとされています。

格付け評価は、保険会社の財務力や支払い能力などを複数の格付け会社がABCでランク付けしたものです。
AAA(Aaa)の評価が最も高く、信用度の高い保険会社だとされています。
※ムーディーズという格付機関ではAaaと頭のみ大文字で表記、それ以外の機関ではAAAと全て大文字表記、となっています。

ひとつの指標だけでは十分に見分けることができないので、「ソルベンシーマージン比率が600%以上で、Aランクの評価が多い保険会社」というように総合的に判断するとより安心です。

保険会社はソルベンシー・マージン比率と格付けを目安に確認しよう

監修者:FP有田宏

生命保険会社が破綻した場合、保険契約は終了するのではなく生命保険契約者保護機構が加入者の保険契約が継続できるように資金を拠出します。

しかし、必ずしも保険を破綻以前のまま継続と言う訳では有りません。
基本的に責任準備金の90%まで、また契約の引継ぎには予定利率の引き下げを伴うことも有り、その際は保険金等が減額されます。

保険会社は、リーマンショックを最後に破綻していませんが、これからも有り得ないとは言えません。
財務状況の良い保険会社を見極める方法としてはソルベンシー・マージン比率と格付けが一つの目安となっています。

生命保険は一度契約すると長い付き合いになります。
また、健康状態により保険会社を乗換えられないことも考えられます。
他の金融商品以上に、これから長く付き合っていく会社はしっかりと見極めたほうが良いでしょう。

監修:FP有田宏